So-net無料ブログ作成
サイバースペース・コミュニケーション(その他) ブログトップ

mixi社会のシームレスさ。 [サイバースペース・コミュニケーション(その他)]

今回はネット上の表現に関するハナシ。

mixi社会(←名称はテキトウ)に広がりが出てくると、何かその中でいろいろ完結しちゃって、サイバースペースのうちの、mixiの外部部分に触れるコトが減ってきてしまってるような気がする。

mixiの参加者が増えてきてるから、mixiに参加しているコトが例外的じゃなくなってきている。
マイミク(の多く)がmixi内で日記とかを書いて、しかも自分はそれを(当然ながら)mixi内で読む。
mixiの足あと機能は日記が読まれているコトを、一応証明する。

こういうコトを考えていると、「mixi日記は絶対神的なスゴい存在だ!」という錯覚に陥ってしまう。
もちろん、スゴいコトは確かかも知れないけど、絶対的な存在ではない。
トラックバック機能がなかったり、当然ながら非参加者には読まれなかったりで。

こんなコト、耳にたこができるくらい聞いてるから、気づきやすい。
だから、ここでmixi社会専門の表現者から脱却できそうだ。

でも、それは間違い。
mixiニュースやコミュニティが「mixi社会専門の表現者からの脱却」を阻害している原因のように感じる。

コミュニティにはいろいろな情報があるから、ここの情報を元に何かを考えることは難しくない。
探し回れば、いろいろ変わったネタを入手できる可能性も大きい。
特に、最近は検索機能が豊富になってきているので。
で、それを元に、自分の考察を含んだ日記とかを書けばいい。

さぁ、mixiで書いてあるコトを元に、みんなが「表現者としてのワタシ」を育てることができますよ。
わーい!!
(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

ってコトを考えてると、いつの間にか他のコトを忘れている。
・mixiやってない人もいたっけ?
・Yahoo検索って何? 質問トピ立てて教えてもらえばいいじゃん。
・変わっているコミュに書いてあるコトは、他の人があまり知らないレア情報だ。
・メールの署名って何ですか?
・オレは、大人数コミュに広告トピを載せた、プロの情報発信者だぜ。

げげげっ!!
そりゃマズいぜ。

「インターネットの表現の場 = mixi 」なんて公式が成り立つハズがないのは当然なのに。
でも、mixiという便利な表現の場から、抜け出すコトには多くのデメリットがある。

そこで、目指すのがmixiと非mixi間の「シームレス」なやりとりである。
mixi内でmixi外も扱い、mixi外でmixi内も扱う。
それこそ、mixi社会で今求められるべきコトであると考えられるだろう。


サイバースペース・コミュニケーション(その他) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。